ウタチャンホムペ

たまに質問に答えたり、絵を描いたりします。リンクフリーです。

推しカプで活動する人がいなくなってしまった。1人で活動する強い意思が欲しい。【追記あり】

うた子さんこんばんは。  うた子さんこんばんは。 どうしようもなくなったので、駄文失礼します。
マイナーCPを推しカプとしてるのですが、周りから推しカプで活動する人がどんどんいなくなってしまいました。どうやったら、1人でも活動を続けられる強い意志が持てるでしょうか?


現在は同じCPで同人活動を行っている人はいらっしゃらないようで、毎日ツイッターで何回もワード検索をし、霞を食うような想いで暮らしています。
推しカプの本がイベントでなくなると、(推しカプがこの世から消滅して、誰からも認知されなくなるのでは?)と思ってしまいます。もちろん同人活動は楽しいです。イベントも同人活動も推しカプも大好きで、当分辞めないです。ただ、これって義務感を勝手に感じて活動してるのでは、と思うことが…なくもないです。


以前同じCPをかかれていた尊敬する絵師さんが「うまい人がかけばいいし、他の人がかいてると自分はかかなくてもいいか~と思う」と言われており、勝手にショックを受けてしまいました。(推しカプが潰えるのが嫌で活動をしていたのが裏目に出てしまったかなぁ)とか、(自分はちっとも上手くないからいない方がいいかなぁ、いなくなったら絵師さんがまた推しカプ本をかいてくれるかなぁ)とか、(誰か一緒に推しカプ本をかいてくれないかなぁ)とか思ってしまいました。
ひとりだと寂しい、同じカプの仲間がいてほしい、誰かがかいた推しカプがほしい、なんて思うのがそもそも傲慢なんでしょうか?どうしたら、マイナーなんて気にせず、1人でも活動を楽しいままで続けられるでしょうか?

 

こんばんは。

「他の人が描いてると、自分は描かなくていいや~」てたまに聞く言葉ですけど、カップリングで単独オンリーが開かれるくらいの巨大カプならわからんでもないけどサークルさんが1人しかいないカプで言うのはすごいですね…!貴方は食べるものがあってもサークルさんは自分の脚を食ってるんですよ!!!!なんちゃって……

わたしも質問者さんと少しだけ似ている境遇にあって、本を出しているのが私1人というわけでは決してないのですが、買いきれない程ある!!!て訳でもないカップリングで活動していて、同じように毎日自カプで検索して、毎日『自カプが増えたらいいなあ~』と思いながら生きています。

これは昔話なんですけど、ある日友人が同じようにあまり本が出ているわけではないカップリングにハマりまして、その萌え話を聞いていたんです。そしたら、「絶対にこのカプ増やすぞ!!!!」て叫んでいて、私はその言葉にめちゃくちゃ衝撃を受けたんですよ。

何故かというと、私は今まで「自カプが増えたらいいな~」とは思っていたのですが、確固たる意志を持って「自カプを増やすぞ!!!!」と思ったことがなかった!!!???と気付いたからです。

なので私はその友人に「えっ、自カプを増やすって、どうやるの?」と聞いたんです。そうしたら

「玄関マット本を出すといいよ」と教えてもらいました。

玄関マット本というのはそのカップリングの本を初めて読む人が読みやすい、自カプを知らない人にも「読んでみて!」とオススメしやすい(全員踏んで家にあがる)玄関マットのような本のことで…

具体的には原作のエピソードにのっとったキャッチーでかわいくてエッチでハッピーエンドの本のことらしいです(友人曰く)(師曰く)

わたしはもうめちゃくちゃ感動して、へー!なるほどねえ!出してみるよ!と言ってみたのですが、和姦の描き方が分からないので、未だ1冊も出せてないです。完。なので私は、まあいいやと諦めて、自分勝手に本を出し続けています。

質問者さんは、この「玄関マット本」を出してみるというのは…どうでしょうか?もし「もう出している!」ということであれば、アンソロジーや、プチオンリーイベント、ネットでの企画を立ち上げてみて、1度「絶対に自カプを増やすぞ!!!!」という気持ちで活動してみるのはどうでしょうか?

1度増やす努力を全力でしてみて、人が増えればHAPPYで、増えなかったら……自分の努力が報われないと、ガッカリしてしまうけど、でもそういう時って人生にいっぱいあるし、そして諦めもつくんじゃないかなあと思います。そうしたら、今後は人目やマイナーであることを気にせず、質問者さんの好きなお話をいっぱい描けるかなあ…と思います。

でも多分、いま色々重なってちょっと寂しくなっているだけで、質問者さんは元々一人でも活動できるタイプの人なんじゃないかなあ?とも、思います。カップリングに人が増えるか、それか、質問者さんが元気いっぱいになってくれるといいのですが……どっちになっても、楽しく同人活動を続けられることを祈っています。

 

追記

この後、質問者さんへメッセージがたくさんきていたので、転載します。

 

うた子さん、こんばんは。先程投稿されていたブログの拍手返信読ませていただいて、質問者様と共感するところがありましたので、僭越ながらコメントさせて頂きます。
私も所謂同人活動を長くやってきて、自分と同じカップリングに人がいるということが殆ど無く、常に1人、しかも人が減ったわけではなくそもそもあまりにもそのカップリングがマイナーで数えるくらいしか作品を見つけられないような状態でした。そういった中で、私も質問者様のように、なんとか自分の愛するカップリングを絶やさぬよう描き続けて発信し続けて、それに義務感を覚え、虚しくなって泣いたことも何度もあります。きっと質問者様もたくさん悩まれて、辛い思いをされているのでしょう。共感する仲間がいなくて、1人で頑張るのは辛いものですから。
そういうとき、私はとりあえずそのカップリングがマイナーとか、何もかも1度忘れて、そのカップリングの何が好きとか、どうして推しているのか改めて考えたりします。そうしていくうちに、自分がそのカップリングのことが何より好きだから、その好きを形にしたくて、発信したくて、作品を作っているんだということを思い出します。そこにカップリングを絶やしたくないという義務感があっても、もっと人口を増やしたいという欲があってもいいんだと思います。だって、仲間欲しいですから。今、幸いにも私は初めて自ジャンルの推しカプに1人だけ仲間ができました。その時私は、自カプを描いててよかった、やっと仲間ができたのだ、と本当に感謝しています。質問者様も好きなら描き続ける、描けなくても何かしらの形で発信し続けていくべきだと思います。勿論無理はしない範囲で。そのカップリングの作品が人目に触れることで興味を持つ人、舞い戻ってくる人がきっと現れるはずです。なんのエールにもなりませんが、自分は自カプが大好きだぞ〜!と自信を持って言えるのは何より大切で、周りにもそのカップリングの魅力が伝わる1番の方法だと思います。お一人で頑張るのは大変だと思いますが、カップリングへの気持ちだけは忘れないで欲しいです。
長文失礼しました。質問者様の同人ライフが良いものとなる事を願っています。

 

 うた子さんこんばんは!すごく長くなってしまったので暇すぎる時に読んでください…!推しカプで活動する人がいなくなってしまった〜の記事を読んで思わず拍手してしまいました。多分他にも沢山マイナーカプの同士たちから熱いメッセージがきているんだろうな…!と思うと今から胸が熱いです。義務のくだり、私も自ジャンルアニメ化の際に頑張って「新規獲得のために毎週新作小説をあげよう!!」と躍起になったり、イベントでも推しカプは自サークルだけだから毎回出なきゃ!などと思ったりしたこともありました。自カプで検索しても、「◯◯萌えるのにめちゃくちゃ少ないのなんで?」とかそういう呟きばかりで、小説は数に入らないのかなやっぱり…などと落ち込むこともしばしばです。

一人で創作するのが寂しい。同カプ仲間がほしい。誰かがかいた推しカプがほしい。まるで己の咆哮みたいで、辛かったです。でも、傲慢なんかじゃないです。どんなにマイナーでもメジャーでもみんな思っている素直な気持ちだと思います。そして相談者さんがせっかく好きになったカプなのだから続けてほしいなと思いました。玄関マット本の案、とてもいいですね!私も出してみようかな!?と思いました。あと一人でも楽しく続けるコツは、他のジャンルの友達がいたら思いついたネタを話したり、そのカプにまつわる場所や物に触れたりしてそのカプとのふれあいや情熱を絶やさないようにすること。グッズや感想など、公式にお金や想いを渡せるコンテンツがあるならそれもいいと思います。

また少し前に「萌え語りを書こう!」みたいなのが流行りましたが、自カプについての萌え語りを載せるのもいいんじゃないでしょうか。布教という意味以外にも、そのカプと自分のことがよりわかるようになるかもしれません。マイナーカプにいる限りさみしさや苦しみは常に襲ってくると思います。だけどそのカプを好きで一生懸命に活動してきた相談者さんは間違ってなんかいない。世間ではどんなに少なくても、自カプと自分の間に豊かな土壌と強いパイプを作りましょう。それから、相談者さんの活動と、他の方がそのカプから離れたことは恐らく関係ないのかなあと思います。「うまい人が描けばいいし〜」の台詞はショックでしたよね。

でもその台詞を言う人には、自虐することで「そんなことないよ、あなたもとっても魅力的なかき手だよ、だからもっと見たいな〜!」って言ってもらいたい方が多いように思います。今は寂しくて孤独の嵐の中にいるかもしれませんが、相談者さんの自カプは相談者さんがまたかいてくれるのを待っていると思うので、辛いときはほどほどに吐き出しながら続けてもらえたら、とても嬉しいです。長々勝手にすみませんでした…!相談者さんに幸せが訪れることを祈っております。

 

うた子さんこんにちは!
最新記事の、推しCPが自分だけになってしまった。
を拝見いたしました。
私は過去にオンリーで推しCP1スペースだけ!自分だけ!
という経験があります。
ざっくりいうと主人公とラスボスという、かなり接点がある2人
なのにオンリーワンサークルでした!笑
(ちなみにラスボスと主人公はストーリー内で何度も会話イベントあります)
自分だけだけど本は出すぞ!というグラブルで言うと背水のように
なぞの強さがあふれ出てきてました笑

私はツイッターを10年ほど利用しており、フォロワーは200人ほどです。
本垢・別垢(R18用)のみですが
10年ずーっと繋がっている人もいるせいか、推しCPのことをダーッとつぶやいていると
たまに反応してくれる方がいたり、絵上げてくれたり、ゲストでかいてくれたり、
色々あります。
アカウントをポンポン変えてしまっていたら、自分以外の人が発信してくれる、
ということは難しかったかもしれません。
●●というジャンルは名前しか知らなかったけど、あなたのツイートで
そのキャラの名前は分かるようになったよって言われたのもすごくうれしかったです。

イベントに出ると在庫必ず出るんですが、それでも買ってくれる人が
一人でもいることがめちゃくちゃうれしいのです。
あと、自分しかいないカプってマイナー以上の感覚な気がして、
メジャーカプ同士の争いというかそういうのがなくて平和です。個人的にですが…。

いまは、また新しいものにはまり、この子とこの子、アリやな…ってなってるのですが
やはりまた自分だけっぽい感じなのでヨッシャ描いてやるぜ…って気持ちで過ごしてます。

うた子さんが仰っていた玄関マット本、なるほど!っておもいました。
あと、この記事をよんで本だすぞ!!ってなったので頑張ろうと思います。
質問者さん、描くものがなくなるまでぜひぜひ活動してほしいです。
陰ながら応援しております!

 

うた子さんこんにちは!
最新記事の、推しCPが自分だけになってしまった。
を拝見いたしました。
私は過去にオンリーで推しCP1スペースだけ!自分だけ!
という経験があります。
ざっくりいうと主人公とラスボスという、かなり接点がある2人
なのにオンリーワンサークルでした!笑
(ちなみにラスボスと主人公はストーリー内で何度も会話イベントあります)
自分だけだけど本は出すぞ!というグラブルで言うと背水のように
なぞの強さがあふれ出てきてました笑

私はツイッターを10年ほど利用しており、フォロワーは200人ほどです。
本垢・別垢(R18用)のみですが
10年ずーっと繋がっている人もいるせいか、推しCPのことをダーッとつぶやいていると
たまに反応してくれる方がいたり、絵上げてくれたり、ゲストでかいてくれたり、
色々あります。
アカウントをポンポン変えてしまっていたら、自分以外の人が発信してくれる、
ということは難しかったかもしれません。
●●というジャンルは名前しか知らなかったけど、あなたのツイートで
そのキャラの名前は分かるようになったよって言われたのもすごくうれしかったです。

イベントに出ると在庫必ず出るんですが、それでも買ってくれる人が
一人でもいることがめちゃくちゃうれしいのです。
あと、自分しかいないカプってマイナー以上の感覚な気がして、
メジャーカプ同士の争いというかそういうのがなくて平和です。個人的にですが…。

いまは、また新しいものにはまり、この子とこの子、アリやな…ってなってるのですが
やはりまた自分だけっぽい感じなのでヨッシャ描いてやるぜ…って気持ちで過ごしてます。

うた子さんが仰っていた玄関マット本、なるほど!っておもいました。
あと、この記事をよんで本だすぞ!!ってなったので頑張ろうと思います。
質問者さん、描くものがなくなるまでぜひぜひ活動してほしいです。
陰ながら応援しております!

 

うた子さんこんにちは
うたピースダウンロード販売も嬉しいのですが再録とかで纏めても欲しいなとかそんな我儘を言ってみたかったのとマイナーCPこじらせてるのでコメントさせていただきました(〃・д・) -д-))ペコリン

私はもう同人活動歴の9割がマイナーですw
そしてむしろマイナーである事を楽しんでいます!
だって解釈違いとかで四の五の言われずに好きに描けるんだもの!!!
あとは他の人の作品に影響される事がない事も魅力です*1
あとマイナーで活動していて解った事はどんなマイナーCP、ジャンルでも読み手は必ず居るということ!!!
私はマイナーであればある程やり甲斐を感じるようになりました!!!
マイナー最高です!!!

 

うた子さんこんにちは。
うた子さんの拍手返信やレポ漫画が毎回面白く、ブログや同人評論本などいつも楽しみにしております。
先日ブログにアップされていた『推しカプで活動する人がいなくなってしまった』記事について、まさに私も、推しカプで活動していたのが自分しかいませんでした。
それが辛くて、8月末にpixivもTwitterも消しました。
オフの同人活動からも撤退しようと決めたばかりです。

質問主さんの言葉とうた子さんの返信、とても胸に刺さりました(いい意味でも辛い意味でも)
推しカプのこと大好きでしたし、いまもその気持ちは変わりません。
同人誌は5年で20冊ほどですが作って頒布していましたし、Twitterで萌えを語り、イラストも描き、pixivに漫画も投稿していました。
推しがいるジャンルも大好きだったので、オールキャラのプチオンリーも主催したことがあります。
しかし、ずっと推しカプを描いているのは自分だけで、ジャンルのプチを主催したときも参加サークルが100近く集まったのにも関わらず、推しカプを扱っているサークルはひとつもありませんでした。(私は主催業務で忙しく、個人誌を発行できませんでした)
原作がアニメ化しジャンル人口が増えてもそれは変わらず、さすがに心が折れた次第です。

オンリーワンで活動を続けていくために必要なものは、果たして強い意志なのでしょうか。
生産者だって消費者です。
供給するばかりではきっとエネルギーが尽きてしまうような気がします。
なので他の人が描く推しカプが見たい!とおもう気持ちは傲慢ではなく、誰もが抱く気持ちなんじゃないかな?と、思います。
ただ、どうがんばっても増えないときは増えないので...。そのとき、何を自分なりのモチベーションにしていくのが大事なのかな...、と。
心が折れた側の人間ではありますが(´;ω;`)そう思いました。

質問主さんはご活動を続けてゆくとのことで、どうか楽しい同人ライフでありますように!と、陰ながらではありますが、お祈り申し上げます。
長文申し訳ありません。お目通しありがとうございました!

 

うたこさんこんにちは。 うたこさんこんにちは。先日の、推しカプで活動しているのが自分しかいないという記事を見てまるで自分だー!!と思ったので思わず拍手送らせて頂きました。

私も同じように推しカプから人が居なくなっていった身です。移動された方々が他カプで楽しそうにしているのを見て良いなぁと思ったり、先日の記事で仰っていた「玄関マット本」のようなものを出してみたり、それでも人が中々増えず自分の布教力の無さで推しカプに申し訳ないきもちになったり……精神を維持するのが地味に大変です。

でも先日の記事を読んで、自分だけじゃなかったんだー!と思ってちょっと救われました。投稿者さんにも貴方だけじゃないよー!って伝えたいです。一緒に楽しく頑張りましょうねー!!内容の無い文章で失礼しました!

 

*1: ˘ω ˘ *