ウタチャンホムペ

質問に答えたり、絵を描いたりします。リンクフリーです。

交流が上手くいかない/絵を描くもの同士は画力に差があると仲良くなれないものか?他

うた子さん初めまして!いつもブログで質問拝見しております。実は私の中で疑問があってたまらない事があります。それは「絵を描くもの同士は画力に差があると仲良くなれないものか」ということです。

とあるまとめサイトで「絵が下手な奴は上手い人と仲良くなるのはやめろ身の程知れ」、「絵が上手い人って~結局上手い人としか絡まないよね~」という確かではない事が書かれてなかったり、傷の舐め合いを感じさせるような書き込みがあって心が痛くなりました。

ツイッターなんかを見ると本当に上手い人同士が話をして盛り上がっているところをよく見ます。絵を上げた時だとなおそうです。私も絵を描きあげていますがはっきり言ってそんなに上手い方ではないので毎回上げる時自分なんてと考えてしまいます。

またイベントでサークル活動をしていてある日、近くに憧れの人(絵も上手く交流も深い)がいて突然集団の人がやって来たのです。その人達はツイッターでよく見かけ中には私と仲良くなった人もいて、絵も上手く交流も深い人達です。スペースに来るとあいさつから楽しそうに話をして盛り上がっているのを目にし何だろうこの差、ああやっぱりととてつもなく複雑な気持ちになり、まるで自分自身が公開処刑に合ってるような気分になる出来事がありました。

うた子さんは画力に差があると仲良くなれないものでしょうか?サークル活動、作品作りを始めた時からずっと迷っています。

もし興味がありましたら無理にとは言いませんがお答え頂けたらと思います。ブログに載せても構いません。

乱文失礼しました。ここまで読んで下さり有難うございました。

 

うたこさん初めまして。
人生相談をしてもよろしいでしょうか…。

私はメンヘラなのですが、そのせいですぐ執着されるのではないかと怯えられて少し仲良くなるとすぐ逃げられます。

コミュニティの人は全員私がメンヘラだと知っているからすぐに怖がられるし、もう社会人で絵師でもないので新しい友達を作ることもできません。

この間、唯一残っていた友人のことも好きになりすぎたのか避けられるようになって独りぼっちになってしまいました。一人で毎週過ごす週末がつらくて仕方ありません。

どうしたら怯えられない人間関係を築くことができたのでしょうか…。ご回答いただけたらありがたいです。

 

 

私の友人にケツドラムくんって人がいるんですけど、本人曰く友達作るの上手じゃないらしいんですけど、そんなケツドラムくんに、私が質問者さんたちの質問を受けて「友達ってどうしたら出来るのかな?」と聞いたところ、

「私も友達多くないから分からないけど…春コミの時、アフターの予定がなかったから1人で帰ったんだけど…勇気を出して『今日、アフターいく友達いないから、うたぴーのアフターに混ぜてもらいたいな!』と、言えていれば…1人でトボトボ帰ってスーパーのお寿司を食べることもなかったんだよな…私は受け身すぎるから、いけないんだよな…と反省して、今度からは予定が空いている時は自分から誘ってみようと思っています!!!…とお伝えください!」

と言っていました。(可哀想すぎる…)(一方その頃私はりくやさん達とバーミャン飲みをしていた)

 

ちなみに私はケツドラムくんのことを、絵うまだと思ってるんですけど、本人は「絵が上手くなれば、すべての悩みが消えるはず……」と、ブツブツ言いながら永久にクロッキーやってるんです。でも私は、絵が上手くなっても彼女の悩みは消えないと思う…。

何故なら今より絵が拙かった数年前の彼女も、同じことを言っていたし、今より絵が上手くなっても、たぶん「絵が上手くなれば、すべての悩みが消える…」と言いながら、絵の練習をし続けると思うからです。(これは予言です)

 

私も交流が上手くいかなかった事、沢山あるんですけど、それって毎回理由が違って、中にはもしかしたら「私の絵が上手じゃないから」上手くいかなかった交流や、「私がメンヘラだから」上手くいかなかった交流もあるかもしれないんですが、決して理由はそれ一辺倒ではなかったとおもいます。

 

質問者さんたちは、「自分の絵が上手じゃないから交流が上手くいかない」と思ったり、「自分がメンヘラだから友達関係が上手くいかない」って思ったりしていると思うのですが、多分理由ってそれだけじゃないと思う。質問者さんたちが、自分の欠点だと思っている部分以外の良いところに惹かれて、仲良くしてくれる人もいっぱいいると思うし、もしかしたら欠点だと思い込んでいるだけで、本当はそこに惹かれて仲良くなってくれる人もいるかもしれない。

何かが上手くいかない理由を探すのは、次の成功を掴むためにすごく有効なことだけど、上手くいかなかった理由を治す!て思うだけではなくて、成功するために有効そうな自分の手持ち武器を見直して、そこを伸ばしていく戦法も、いいのかもしれません。

 

…ケツドラムくんのツイッターはこちら!

twitter.com