ウタチャンホムペ

質問に答えたり、絵を描いたりします。リンクフリーです。

絵柄パクはいけないことなのか?

うたこさん、はじめまして。うたこさんのファンです。今回相談したいことがあり、送信させていただきます。
私には尊敬する大好きな絵師さんがいます。その人のように絵を描けるようになりたいということもあり、私自身も絵を描いています。
かなりその人から影響を受けている(色の塗り方や構図の取り方)自覚は自分自身にもありましたが、トレースなどを行なっているわけでもないので自分は特に気にしていませんでした。
しかし、先日、フォロワーからあなたの絵は〇〇さん(私の好きな絵師さんの名前)のパクリではないかと指摘されました。
このような指摘をされたことが初めてということもありかなりショックでした。
うたこさん、誰かの絵を理想とし、絵を描いて発表して行くことはそんなに悪いことなのでしょうか??自分が罪悪感で押しつぶされそうです。

 

先日友人から「あなたのイラストはパクリだ」と言われました。
私には好きな絵師さんがいて、その方の色の塗り方や目の描き方を真似していました。このように思い当たる節があったのですごくショックでした。
絵柄を真似すること(トレースはしていません)はパクリになるのでしょうか…。今まで創作活動を楽しんできた自分が全否定されたようでとてもつらいです。うた子さんの意見をお聞かせください。

 

拍手を設置しているのですが、初めて誹謗中傷コメントが届きました。
(絵がへたくそなくせに、○○さんの絵柄を真似するなといったような内容でした。)
実際、その絵師さんを尊敬し、影響を受けていたので、ショックでした。
立ち直る方法があれば教えて下さい。

 

続きを読む

グラブル初心者はどうしたらいいか?

うた子さんこんばんは!
突然ですが、私はうた子さんの影響でグラブルを始めてみようと思っています。ですが、私はアプリゲームといえばねこあつめ位しかした事がありません…。

いきなりグラブルはハードルが高いでしょうか?そして、もしグラブルを始めるとしたら初心者の私にこうしたらいいよ!というアドバイスなどいくつかありましたら教えていただけましたら嬉しいです。気が向いたら、お暇な時間がありましたら、でいいのですが…!どうぞよろしくお願いいたします…!

 

続きを読む

感情の処理の仕方について

うた子さん、はじめまして。主にブログを拝読させていただいております。なぜ、うた子さんは、こんな考え方が出来るのだろう…と、いつも感激しています。
うた子さんに救われたくて、投稿する方の気持ちがよくわかります。私も、どれだけ悩んだり考えても結論が見えない事だらけで、こうして、投稿をさせて頂きました。

具体的な悩みは、挙げるときりが無くなってしまうので…今回お伺いしたいのは、感情の処理の仕方についてです。
怒りや後悔、悲しみや苦しみの感情に苛まれるとき、それと上手に向き合ったり、折り合いをつけて受け流すコツ、その感情にとらわれないような心の持って行き方について、うた子さんが実践していらっしゃる事や工夫、アドバイス等をお聞かせ願えたら、非常に有り難いです。

うた子さんの姿勢に、心から憧れています。
世の中にうた子さんのような考え方の出来る方が増えたら、世界は平和になるのになぁって、いつも思って、そうではないのでかなしく、歯痒いです。

世の中や人間の厳しさに、押しつぶされそうです。

続きを読む

友人から約束を反故にされることが多く、辛い。

うた子さん、こんばんわ!


同人あるあるの相談をさせて下さい。この前仲のいい方からラインで
「通販で貴方の同人誌見つけちゃった!買うねー」
「え!?いやいや下手だし!やめときな!」


そのやりとりをした後本当に買ったのだろうかと確認したところ見事に買っていませんでした。私は底辺なので同人誌の動きはすぐ分かりますので間違いはありません。他にも一緒のイベントに行こう、合同誌を出そう、オフ会をしようなど約束したら反故にされることがよくあります(別の方から)。ネットで検索すると似たような経験を持つ人が何人かいました。

うた子さんも経験ありますか? 自分の同人誌を読まれることに恥ずかしくて謙遜してしまった私も悪いのですが、嘘をつかれる理由も分からずただショックを受けます。

 

こういう時その人とどういう態度接したらいいのか、自分の気持ちをどう整理したらいいのか分かりません。お忙しいとは思いますが気が向いた時にでも答えてくださったら幸いです。

 

続きを読む

「絵を描く人と描かない人仲良くなれるか問題」

うた子さんこんにちは!相談をさせてください…!

最近よく、「絵を描く人と描かない人仲良くなれるか問題」が話題になりますよね。

私は絵を描いてTwitterやpixivにアップしたり、漫画を本にしてイベントに参加したりと、
主に二次創作をして楽しんでいる所謂「絵を描く人」です。
そして、最近仲良くしていただいている方の中に、主に関連グッズを購入したり、
関連のアプリゲームを楽しんでいる「絵を描かない人」がいらっしゃいます。

「同じ作品が好き」という共通点があるので、絵を描く描かない関係なく
お友達としてお付き合いしています。
しかし、最近はお互いの熱量の差があるような気がして、つらくなってきました。


例えば、わたしが「〇〇(CP)のこと語り合いたい気分なので、スカイプしてくださる人募集中です!」とTwitterで呟くと
真っ先に「わたしで良ければ…」と声をかけてくださいます。
しかし、その方は「あなたの語りを聞きたいので…」「あなたの熱量を受け止めたいので…」と
わたしの話すことに相槌を打つだけで、わたしが「〇〇さんはどう思いますか?」と質問しても
「あまり考えたことがなかった…。消費する側なので」と、あくまでわたしの話を聞く立場を貫きます。

お話を聞いてくださるだけで十分嬉しいのですが、
正直「語り合いたいのに、これじゃTwitterで壁打ちしてるのと同じだな…」
「だったら同じように二次創作をしている人と、あれこれ語り合いたいな~」
という気持ちになってしまいます。

この気持ちを抱き始めてから、
「やっぱり 二次創作をしている人=生産者、ロム専の人=消費者 になってしまうのかな?作品にかけるエネルギーの差がどうしても出てしまうのかな…?」と
考え込んでしまうようになりました。


また、この方の場合ですが、お誘いを断ったり、他の方と仲良くしていると嫉妬のようなのメッセージが届きます。
「あの時は気後れして断りを承諾してしまったけど、本当はとても嫌だった」
「何故わたしではないんですか?やっぱり絵を描かない人は嫌なんですか?」など…。
熱量の差がつらい…と思っている時に、こんなメッセージが届くとゲンナリしてしまいます。


正直、スカイプなどのお誘いも断りたいし、Twitterもブロックしてしまいたいです。
しかし、少し過激な方なので、今後もぼちぼちお付き合いを続けていくしかないのかな…と頭を悩ませております。
あと、これが所謂「絵描きは絵描き同士としか仲良くしない」状態なのでは…?と少しつらいです。


今回、うた子さんにご助言いただきたいのは下記2点です。

 ① 作品の楽しみ方で、熱量の差って出てくると思いますか?
   これが所謂「絵描きは絵描き同士としか仲良くしない」状態なのでしょうか?
 ② この方との、今後のお付き合いの仕方はどうすればよいと思われますか?


お忙しいところ恐れ入りますが、お答えいただけると幸いです…

 

続きを読む

自分の同人活動の原動力は正しいのか?

うた子さん初めまして。いつもブログを楽しく拝見させていただいてます。
質問は、自分の同人活動の原動力が正しいものなのか悩んでいるのでうた子さんの考えをお聞きしたいというものです。
私は現在好意を抱いている人(Aさんとします)がいるのですが、率直に申し上げますとそのAさんに気に入ってもらえるものを描く(書く)ために同人活動をしています。


正直なところ私は創作活動以前にあらゆることにやる気がないだらしない人間で、夏休みの宿題は8月31日どころか12月に提出するような人間でした。学校の宿題ですらそんな姿勢なので、創作活動で少しでも出来ないことがあると投げ出してしまい、いわゆる左向きバストアップ絵しか描けませんでした。


ですがAさんと出会ってから画力がメキメキと上がり、まったくの初心者だった小説も挑戦して今では長編も書けるようになりました。実際にAさんからもブクマや感想をいただき、とても幸せです。
おそらくAさんと出会わなければ私は一生左向きバストアップ絵だけを描いて人生を終えていたと思うので、自分の人生を変えてくれた出会いだと思っています。


ただ、自分の同人活動に対する原動力は明らかに他の人と違うと感じています。私は自分がただキャラやCPを好きだとか、描く(書く)ことが楽しいとか、そういう気持ちだけでは同人を続けることが出来ない人間です。そして何より自分の幸せを他者からの評価で決めるのは危険なことです。こんな自分はおかしいのではないかと、ふと考えて悩んでしまうことがあります。

 

続きを読む

拍手返信いろいろ/世の中顔なのか?・おいしいレシピ

返信いろいろ。

本の感想や、メッセージ、ありがとうございます!

すごく元気が出ます!あと、2年以上前にだした本の感想いただけて、それがまたすごくうれしかった…ありがとうございます!

感想引用するの、照れてしまって、お返事あまり出来なくて申し訳ないのですが、ぜんぶお気に入りメッセージにして、私の宝物にして、読み返しています。ほんとうにありがとうございます。

続きを読む