ウタチャンホムペ

質問に答えたり、絵を描いたりします。リンクフリーです。

合同誌で、自分の原稿は上がったのに、相手がギリギリでイライラする。

はじめまして、いつもツイートや漫画を楽しく拝見させていただいております。
今日は私も一つ、うたこさんに聞いていただきたいことがあって拍手をお送りしました。

最近仲良くなった方と合同誌を出す事になったのですが、〆切についてハラハラしています。
私は個人誌を出す時は必ず早割で出しています。〆切日の最低でも半月前には入稿しています。
かなり心配性な性格で…。何かあった時に対処できるようこのようなスケジュールを組むタイプです。これが前提です。

今回一緒に本を作る方はお尻を叩かれないと動かないタイプ(と自分で仰っていました)+急にお仕事が忙しくなり体力面も精神面も相当お疲れで原稿が進んでいないようです。
その様な状況なので〆切に間に合うのか、本がちゃんと出せるのか不安で仕方ありません。
記念の意味合いがある本なので、頒布予定のイベントに出せなかったらがっかりしてしまうんです…。
ただ私は同人活動は趣味であり、オフに差し支えるようなら頑張りすぎる必要はないという考えですし、ツイッターでお疲れのご様子を見かけるたび心配になってもう休んで…!とも思います……。

多分心配性の私は、急に仕事が忙しくなる・メンタル的に描けなることも考えてスケジュールを組んでいるのに、ギリギリで行動しているから想定外のことが起こった時焦らなくちゃいけないんじゃないのと、向こうにイライラしているんだと思います。
そのイライラが不安に繋がっているんだろうなと…。
でも向こうのことが心配なのも本心で、発行するイベントを変えて〆切を延ばしてもいいとも思うんです…。
・頒布予定のイベントに本を出せないとがっかり
・向こうの体やメンタルが心配
この二つの板挟みというか…。
私の原稿はすでに出来ていますが向こうのお話と繋がっている設定なので、私のものを単体で出しても意味がなく、合同誌という形でないと完成しません。
〆切を延ばすことで本の発行自体がうやむやになることも怖いです…。
結局どうしたいんだと言われると、本は出したいです。
でも向こうに辛い思いをしてまで描いてほしくはありません。(原稿手伝うよとは言っているのですが、やれるところまで自分でやりたいからと言われ現状何も手伝えていません…)
私が最初にやりたいといったネタに向こうが乗ってくれて立ち上がった合同誌なので、あまり強く言えないなというのもあります。

こういう時何と声をかければいいのでしょう…?
また、うた子さんは合同誌を出す際に、自分と相手の作業ペースの違いで焦ったりすることはありますでしょうか…?

 

 

多分そのギリギリが相手の原稿スタンスなので、メンタルや体のことは、あなたがどんなに心配しても、本人は大丈夫って思っちゃってるから、どうにもならないと思う。

何も言わずに、いちっばんギリギリの印刷所に見積もりとっておく位しかやれることないかなあ。

お相手が、いつもギリギリながらも入稿して新刊常にある人であったら、本が出るか出ないかってことも、特に心配することないと思いますよ。たぶんその本はでます(割増しになるかもだけど)

もしお相手が、いつもギリギリで、かつ本を落としてしまうことが多い人だったら(そしてその本が立ち消えるタイプだったら)貴方がめちゃくちゃ尻叩かないと、出ないとおもうので、がんばってください。

(尻を叩かれないと動かないタイプって自分で言っているので)

 

 

私は合同誌を出す時は、早割で締切設定して、それでも無理だったら通常で入れようね。でもなるべく早割で入れようね。て感じにします。そんで余裕がありそうな方が事務作業かなあ。(入稿とか)

 

私が合同誌で焦った経験…。表紙を入稿して、相手の原稿を待っている間に、印刷所に入稿時間の交渉電話したら、マジでもう無理ですって言われた時はちょっとだけ焦ったけど、別の印刷所に表紙だけ送って貰って本は完成したので大丈夫でした。

でも、その時も別に全然イライラはしなかったな。

合同誌を出す時は、相手の同人スタンスを分かってからにしてるからかも。

私だったら、ギリギリになるのは別にいいけど、人の尻叩くのがあんまり好きじゃないので、尻叩かれなきゃ原稿できない!て言う人とは、合同誌出さないかな…。次は、同じくらいの早割マンと一緒に作業できるといいね。

最悪金さえ払えば、超繁忙期でなければ土朝までいけたりするので…あんまり無理しないでね。とか、事務作業は任せてね。とか、ほんのり声かけるくらいで、いいんじゃないでしょうか。(今も手伝おうか?て聞いてるみたいだし。)

あと修羅場中ってしてほしい事人によって違うから(さぎょいぷしてほしいとか、放っておいて欲しいとか)手伝おうか?じゃなくて、何かしてほしいことある?て聞いてみると、いいかも…。