ウタチャンホムペ

質問に答えたり、絵を描いたりします。リンクフリーです。

原作に文句を言いながら同人誌を出す人の真意とは?

こんにちは!ちょっとした事なのですがぜひうた子さんにご意見賜りたい事があります。

最近二次創作のBLカプにはまりました。そのカプはオフの方が盛んなようで、ピクシブ検索しても本のサンプルが多く書き手さんのツイッター垢は日常や萌え語り中心です。萌え語りを見るのは大好きなので、ある時とある書き手さんのAさんをツイッターでフォローしたのですが、Aさんは頻繁に原作や作者を見下しているような事を言っているのです。

いつもではないのですが思い出したように原作が許せないとツイートされたり、同カプのお友達とのリプでも作者に設定を生かす力がないだとか、面白いと思えない、好きになれない、思い出すだけでムカつく、みたいな事を言っています。

新規の私には分からない事情があるのかもしれませんが、正直ちょっとこわくてすぐフォローするのをやめました。原作や作者が好きになれないと言っていますが冬コミに向けてラブラブなカプ本を作るそうです。

そこでおや?と思ったのです。


うた子さんのツイッターを見ているといつも楽しそうにアニメやゲームの事をお話しされているし同人誌を作るのも本当に楽しいんだろうなと伝わってきますが、原作の事をイライラしながら話すのに同人誌は楽しく作れるなんて事もあるのでしょうか。

今まで好きになったジャンルの書き手さんにこのような事を言っている方を見た事がなかったのですが、ジャンルによってはよくある事なのでしょうか? 冷めたから、嫌いになったからやめるという方はたくさんいましたが、嫌いだけど新刊を出すという人は初めてで不思議に思っています。


好奇心からの質問ですみません。書き手さんならAさんの気持ちが分かるのではと思い質問させて頂きました。お暇な時で構いませんのでご意見頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

 

 

二次創作の作品って、「例えばこうだったら萌えるなあー!」とか「もしこのキャラがこういう事をしたら…!?」とか、ifを形にするのが面白いところだと思うんです。

原作であえて語られなかったシーンを、頭のなかで考えて描いてみるとか…

原作がめっちゃシリアスだから、同人誌ではハピハピな漫画を描きたい!とか…

原作がギャグ漫画だったら、めちゃめちゃシリアス小説を書くとか…

その動機って、多くの人は「原作が大好きだけど、こういうのも読んでみたい!から描く!」っていうんだと思うんですけど

もしかしたら「こうだったらもっと面白いのに!!!」ていう動機の人も居るのかもしれない。

その人は、たぶんずっと長い間作品のFANで、自分のなかの理想のルートが頭のなかで出来上がっているのかもしれない。

それから外れた道をいったから、つまらないとか、許せないとか、言っちゃうのかも…。

 

だから多分、嫌いと口ではいいつつ、本当は大好きなんだと思います。本当に大嫌いになっちゃったら、話題にも出さなくなると思う。原作に文句言うのって、すごい作品について、いっぱい考えてるからなんだと思う。

だから、ジャンルによっては、よくあることなんじゃないかなあ。シリーズものだとか、すごく長く続いているコンテンツとか。

 

すごくファンだからこそ言っちゃう!!!っていう気持ちは、まあ分からなくはないのですが、質問者さんみたいに新規で入ってくる人が、それを見たらきっと怖くなっちゃうっていうのは想像に容易いことなので、本当にジャンルのことが好きで(まして同人活動をしているのなら)嫌いとかはあんまり口に出さず…作品で表現して…新規の人にも優しくするのが、一番いいよねえと傍からは簡単に言えるけど、でもやっぱ長いこと好きだったものが変わってっちゃう事に対する憤りもあるんだろうなあ…。

所謂愛情の裏返しってやつかもしれませんね。

 

でも、そういえば昔「◎◎君がカワイイだけで、話は本当に面白くないから◎◎君が出てる巻以外売った」って言っていた人がいたので、まあそういう人も居るのかもしれない。キャラは好きだけど話は好きじゃない…みたいな…。

まあ同人やるモチベーションなんて人それぞれなんでね、想像でしかないです。

 

 

P.S これ思い出しました。

10 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2010/08/26(木) 08:26:06 id:cKtzrxLE 【人気アニメだったのに落魄れた原因】 ・他の人気キャラを差し置いてこうしくん、ちび丸ちゃんなどの不人気キャラを誰得プッシュ。 ・原因不明のトラハム兄妹の『運動が得意』な設定の消滅と、かぶるくんのかくれんぼが得意な設定の消滅。 ・141話でくるりんちゃんがハム太郎に恋してすぐに失恋したのに、他のライター個人がまた勝手に恋させた。 ・136話、189話、226話で張り巡らせたトラハムくんとナースちゃんの恋の行方を完全放置。 ・190話、235話で張り巡らせたタイショーくんとおしゃれちゃんの恋の行方を完全放置。 ・197話でラピスちゃんのハム太郎好きが勘違いであることが発覚したにも関わらず、  その後もラピスちゃんをリボンちゃんのライバル関係として立ち回らせたままにした。 ・270話でリボンちゃんがハム太郎に振り向いてもらおうと努力する話をまるまる1話使って入れたのに結局無意味のまま。  そればかりかリボンちゃんの恋は最後まで進展せずは最後まで完全に噛ませ犬。 ・289話で糞脚本家菅良幸によって唐突に加えられたおしゃれちゃんがハム太郎が好きな設定。 ・人間パートの恋愛描写においてキムラくんが「優等生でスポーツ万能」と言うビッチしか好まない設定に  してしまったことで明らかに人気獲得に失敗しているのに、最後までなぜかキムラくんを必死にプッシュ。 ・何度となくロベルト補正を入れたが、結局無意味。これによりロベルトは単なる視聴者を釣るためだけのテコ入れだったことが発覚。  キムラくんのより圧倒的人気のロベルトは結局無きキャラに。 ・究極の糞ED「最近ハヤリのメイク歌」を1年間垂れ流し、さらにその後のED曲も  キャラソンの二番煎じであるやっつけED曲「ハムハムトレイン」。 ・OVAと劇場版の4作目が揃いも揃って駄作であり、はむはむぱらだいちゅ黒歴史化にますます拍車。 ・はむぱら編の失敗により239話で命乞いしたばかりのすいーちゅぱらだいすを244話で破壊。 ・こうし×じゃじゃハムの別居結婚と言う意味不明な最終回。  ややこしい伏線を作ったことにより30分枠での再アニメ化が完全不可能になる。 ・商業の迷惑戦犯とも呼べる末期のエポック社の玩具「ハムハムぴたりんちゅ!」。 ・島田満脚本家が自身のファンサイトの掲示板にて、放送終了2ヶ月前と言うありえない時期に打ち切り告知。  ハムハーの木のあまりの大失敗による突然の打ち切りだった模様。 ・30分番組終了後も「とっとこハム太郎は~い!」と言う内容が限りなくゼロに近い低クオリティ番組で生き恥晒し。 ・スポンサーはハム太郎の存在そのものを黒歴史にしたいらしく、ホームページも全ての商品紹介が消滅。
129 風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] Date:2011/04/09(土) 17:51:50.19 id:WNrbfMh+O Be: お前ハム太郎末期とリルぷりっが落ちた理由わかってないだろ 動物が出てくるアニメで一番大切なステータスはマスコットキャラのデザインと魅力で ハム太郎ハム太郎、リボンちゃん、トラハム兄妹、トンガリ君、かぶる君、 ラピスちゃん、エンジェルちゃん、ひまわりちゃん、オーキニーちゃんしか 魅力的なキャラがいなくなってしまったから末期に子供に見捨てられたんだよ 主に菅良幸と三浦浩児とか言う脚本家が好き勝手やったせいでな リルぷりっも可愛くもないセイダイリョクじゃ子供は惹きつけられなかっただろうな プリキュアは今でも可愛い妖精キャラを生み出しているし、 たまごっちは全キャラ可愛いわけじゃないけどオーラがある とにかくマスコットが可愛くない女児向けアニメは生き残れないから死んだ方が良いよ
132 風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] Date:2011/04/09(土) 18:15:19.86 id:WNrbfMh+O Be: 何も知らないハム信者にもう一つ真実教えてやろうか? 末期のエポック社が出したハムハムぴたりんちゅ!って言う糞玩具が、売れ行き無惨で ハム太郎関連商品の展開に大打撃を与えたと言うことを。 末期の糞内容の時に出したこの玩具はワゴンで処分され、 トイザらスでは軒並み500円の処分価格になっていた つまりハムハーの木時代の関連商品があまりにも悲惨な大失敗でそれに伴って アニメも日本一酷いレベルになって無惨な末路を辿ったと言う 4:3とは言え、再放送のスポンサーになってくれたバンダイに感謝するんだな まあ最も再放送なんて醜態晒し以外の何者でもないんだが とにかく俺はハム太郎296話欠かさず見ていて、 ハム太郎が人気出てから落ちぶれるまでのプロセスをお前より全部把握してんの。 わかる?どうせ擁護するんだったらもっと知識をつけてから反論しろよな