読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウタチャンホムペ

質問に答えたり、絵を描いたりします。リンクフリーです。

ファンコールをくれるのに、私の絵をブクマしてくれない買い専さんがいる。

うた子さんこんばんは。夏コミお疲れ様でした。生うた子さんにお会いできてお話も少しできてとても嬉しかったです。新刊の怖い話、どれも実話だと思うと怖くてすごく面白かったです。

質問というか、どうしても気持ちの整理がつかないことがあって聞いて頂けたらと思い、メッセージを送らせて下さい。
私はしがない漫画描きです。ぶっちゃけそこまで売れていません。そんな私でも有り難いことに熱心にファンコールをして下さり、新刊を出す度に「楽しみです」、出したら感想を送って下さる方がいます。
仮にAさんとします。Aさんは私の新刊サンプルやイラストは全くブクマしてくれません。
サンプルはブクマしない人が多いから仕方ないかなと思えるのですが、Aさんは、同じイベントで発行される同カプの他のサークルさんのサンプルは、きっちりブクマしています。
どんなにファンです・好きです・楽しみですと言われても、ブクマしない以上、Aさんにとって私の本の価値はその他の上手で華やかなサークルさんの本以下の位置づけなんだと考えてしまいます。

 

ずっと前からこの事が気になって落ち込んで、他人のブクマ数と比べてしまう自分、Aさんのブクマをわざわざ見ている暗い自分自身に嫌気がさしています。
友人からは、そんなものわざわざ見なければいいと言われます。
その通りだと思うのですが、Aさんが他人にはブクマして私のはブクマしないということを知らないまま手放しに喜ぶことはしたくありません。


なんというか、「Aさんは私のファンなどではない。思い上がると痛い目を見るから現実を知っておけ」と自分に釘を刺すような、その理由の裏付けを取るためにAさんのブクマを見ている気がします。
つまらないプライドだと自分でも思います。でも「楽しみです」と気持ちを上げさせられた直後に落とされることに疲れきってしまいました。
どうしたら気にならなくなるでしょうか。

 

 新刊サンプルをアップするのは何のためか。

それは「こんな新刊出しましたよ!」という告知のためであって、ブクマ数を稼ぐためではないはず―。

新刊サンプルをブクマするのは何のためか、それは「これを買おう」という自分メモ。

つまり、Aさんはあなたのサンプルをブクマするまでもなく「絶対買うリスト」に入れてるって訳です。

新刊出す度に感想くれるってことは、Aさんはあなたの本を買っているんですよね。なので、Aさんの「絶対買うリスト」に入ってるんですよ、あなたは。

目的をはき違えてはいけない…ブクマされて「買ってないんです~」より何倍もいいやろ!?な!?元気出せ!

もしくは貴方のサンプルがドスケベすぎるので、非公開ブックマークされてるか、どっちかだな…。

 

P.S スペースに遊びにきてくれてありがとうございます!

また気軽に遊びにきてね◎夏コミお疲れ様でした!